バックスイングは飛球線より内側へ引く

昔からバックスイングは飛球線の後方に真っすぐ引く、というのが理想とされていました。

 

ゴルフ7日間シングルで、7日間でシングルを目指そう。

 

ところが、一部のプロゴルファーのバックスイングは、テークバックの時点では教科書通りに真っすぐ引いています
が、バックスイングになると、左ウキを締めてインサイドに引いています。

 

つまり、この時点では完全に飛球線より内側に入っています。

 

そしてトップ・オブ・スイングの直前ではグリップの位置が〞右肩寄り〞にきています。

 

プロの技

グリップを見ると、右手の親指と人差し指で作るV字形の間から、左手の親指がわずかにのぞいている。

 

これがアドレス持に右手のV字に力みや余分な力が入らない様にする。

バックスイングは飛球線より内側へ引く への1件のコメント

  1. みき

    病気が原因の低血圧の場合は、治療の必要があります。症状や病気はさまざまですが、ある年齢から急に血圧が下がり、めまいがひどい場合などは心臓や内分泌系の病気なども考えられます。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL